相手の外見に関する記憶とその活用

記憶
出会いを見つけた後に、それを上手く活用していくことができる人は、相手の外見についてきちんと記憶していると言われています。これは記憶力にあまり自信ない人にとっては、どこかきつく感じることがあるかもしれません。

しかし、これを上手く活用することも、出会いを見つけるためのコミュニケーションとしては有効なのです。では、相手の外見に関する情報については、一体どのようにフル活用をしていけば良いでしょうか。

この際に肝心なことは、出会った相手にその場で外見のことについて褒めないことなのです。相手は外見について褒められると、それだけで気を良くしてしまうものですが、だからといって何でもかんでもその場で褒めれば良いということはありません。

というのも、その場で褒めるようなことをする場合、特に心の中でそのように思っていなくても、口先だけで相手をほめることができるからです。そのため、そのような言動を繰り返していると、出会った相手からも軽い人と思われてしまうことになり、良くありません。

それならば、相手に会ったその場では褒めるのではなく、外見の情報に関して記憶しておくことが大切なのです。そしてこの情報を、次回お会いした時に活用してみるのです。例えばですが、「この間身につけていたゴールドの星の形をしたネックレスのこと、覚えているんです」と言ったら、言われた相手としては、非常に嬉しいことこの上ありません。その結果、出会いも上手くいくものなのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ