外面と内面のギャップの活用

悩み
内面磨きと並行して是非とも活用したいのが、外面と内面とのギャップの活用です。これは他の内面磨きよりもレベルが高くはなるのですが、上手く活用することができれば、出会いにおいてそれなりの効果が期待できるのは、言うまでもありません。

では、出会いにおける内面と外面のギャップの活用を、どのように行っていけば良いかについてお話します。

これについては、無理して行う必要はありません。あくまでも自分が持っているリソースの中から上手く活用すれば良いだけですから、特に無理をする必要はありません。あくまでも応用のテクニックと考えれば大丈夫です。まず、自分の内面、つまり趣味とか特技とか、自分のことについて棚卸しをします。

これによって、自分が良く打ち込むものは何か、自分の好きなものは何かについて深いレベルで理解できます。次に、自分の外面について見てみます。これによって、体型や服装など、色々な特徴が見つかります。

この段階で内面と外面という対照的な要素を洗い出すことが出来ているのですが、この2つの要素を比較した時に、ギャップが存在することがあります。例えばですが、見かけは筋肉がついていてスポーツマンのように見えるのに、実は文学を読むことが好きだったりといったギャップが見つかることもあります。

このようなギャップは、他人に覚えてもらいやすいし、そこで好印象を与えることができれば、素敵な出会いに直結するチャンスを手にするものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ